メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海遊館

絶滅危機のペンギン、人工繁殖に挑戦 成功すれば世界初

世界初の人工繁殖に臨むミナミイワトビペンギン=大阪市港区の海遊館で、宮嶋梓帆撮影

 海遊館(大阪市港区)が、絶滅の恐れがあるミナミイワトビペンギンの人工繁殖に挑んでいる。2011年から毎年挑戦しているが、これまでは成功していない。今年は、国内で最も多く飼育している葛西臨海水族園(東京都)に協力を求め、若いペンギンの精液を採取して新幹線で運び、海遊館の雌4羽に注入した。ペンギンの人工繁殖はマゼランペンギンで成功した米国の1施設しかなく、成功すればミナミイワトビペンギンでは世界初となる。

 海遊館は雄13羽と雌7羽を飼育しているが、自然繁殖は10年に2羽がふ化したのが最後。高齢化が進んでいることもあり、11年に人工授精を始めた。協力している神戸大大学院農学研究科の楠比呂志准教授(保全繁殖)は「排卵日に合わせて雄から精液を得るのが重要だが、うまく合わなかった」と話している。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです