ひらかた病院

医療事故で和解 市と患者家族 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 市立ひらかた病院(枚方市禁野本町2)が2010年2月、同市の女児(当時3歳)のへんとう腺を焼き切る手術をした際、女児の唇にやけどをさせる医療事故があり、枚方市が女児の保護者に224万円余りを支払うことで和解が成立した。18日、市議会で報告された。

 同病院によると、手術は男性と女性の医師2人が担当。…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

あわせて読みたい

注目の特集