メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションビルなどが立ち並ぶビル街の谷間に残る歯神社=大阪市北区角田町で、松井宏員撮影

 ◆環状線・大阪

歯痛に効果「はがみさん」 6月4日例祭、歯ブラシ授与も

 太融寺から、扇町通を北へ渡り、さらに都島通を越えて、“阪急村”の一角にやってきた。ショッピングモールのESTなど、オシャレなスポットが並び、若い女の子たちが闊歩(かっぽ)する。大阪案内人の西俣稔さんと私、おっさん2人連れはいかにも場違いだ。

 もちろん、我々の目当てがショッピングモールなわけはなく、若い子たちが見向きもしない小さなお社で立ち止まる。JR大阪環状線の脇に建つ朱塗りの鳥居には、「歯神社(はじんじゃ)」とある。「歯科技工士や歯医者を開業する人、歯科大学を受ける人、歯ブラシ業界の人なんかがお参りに来るんやて」と西俣さん。お社の前には黒光りする石が置いてある。しめ縄がかけられたこの石は、「なで石」といって、石をなでて痛いところを…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです