メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中里唯馬さん=パリでオートクチュール作品を発表するデザイナー

中里唯馬(なかざと・ゆいま)さん(30)

 19世紀後半のパリに端を発するオートクチュール(高級仕立て服)。第二次世界大戦の後、プレタポルテ(既製服)の普及で顧客は減少の一途をたどり、過去にパリでオートクチュール作品を発表した日本人デザイナーは、森英恵さんら数人しかいない。

 逆風下の世界に飛び込み、7月にパリで初のショーを開く。無謀な挑戦にも見えるが、目線の先に捉えるのは「オートクチュールの民主化」だ。

 一人一人の好みや体形に合わせたファッションが注目されている昨今、3Dプリンターや人工知能(AI)の…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです