連載

くらしの明日

社会保障のあるべき姿を専門家が論じます。

連載一覧

くらしの明日

私の社会保障論 給付型奨学金 創設急げ=NPO法人「フローレンス」代表理事・駒崎弘樹

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
世帯収入と子どもの学力
世帯収入と子どもの学力

 今、日本では6人に1人の子どもが貧困状態にある。2012年の貧困ラインは年収122万円。こんな低収入では修学旅行に行くのも難しく、学びたくても塾に行くこともできないだろう。

 我々は子どもの貧困支援団体として活動する中で、「ママを困らせたくないから勉強したいけど私働く」「奨学金を返すために、風俗でこっそり働いています」という声なき声を日々聞いており、何とかしなければと強く思っている。

 13年度の全国学力テストを分析すると、世帯収入が低い家庭の子どもほど、正答率が低いというデータが出た。家庭の経済格差が学力格差を生んでいることが明確にわかる。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1043文字)

あわせて読みたい

注目の特集