メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

パナマ文書 調査報道の将来

 パナマ文書については、いろいろな方面で話題になっているが、我々の情報科学の分野的にもなかなか興味深い事件である。

 ただ今回の興味のポイントは、ハッキングとかではない。ポイントはデータのサイズ。「文書」と言うが、実は1150万ファイル、2・6テラバイトという巨大データの塊がその正体だ。

 経済犯罪で検察や調査報道の記者が行うのが押収文書の分析。文書を読み込んでその中に出てくる登記上の名前や住所が実質同じなのかとか、取引相手の血縁関係といった相関図を作り金の流れを追い、本当は誰の金なのかを解き明かす。

 しかし、2・6テラバイトは小さめの図書館にも匹敵する文書量。その分析はもはや人間のおよぶところでは…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです