メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト航空機

パリ発66人搭乗、地中海上で不明に

 【カイロ秋山信一】エジプト航空によると、パリ発カイロ行きのエジプト航空MS804便が19日午前2時半(日本時間同9時半)ごろ、地中海上を高度約3万7000フィート(約1万1000メートル)で飛行中にレーダーから消えた。同機は現地時間18日午後11時すぎにパリを出発し、現地時間19日午前3時15分ごろにカイロに到着する予定だった。

 同航空によると、乗客56人と乗員10人の計66人が搭乗していたとみられる。乗客56人の国籍はエジプト30人、フランス15人などで、日本人は含まれていない。1人の子どもと2人の乳幼児が含まれているという。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. 認知症への理解を 姫路城など34都道府県100カ所をオレンジでライトアップ

  3. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  4. 巨人が逆転勝ち2連勝 松原、中島ソロ 吉川尚、坂本適時打

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです