メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆写真

「効果」説明の24枚 米から広島に寄贈へ

原爆投下後の広島の航空写真。右下には30カ所の破壊達成率が示され、発電所、橋などが「100%」破壊されたことを示す数字が並ぶ

 【ワシントン会川晴之】第二次大戦中、米軍で原爆開発のマンハッタン計画を主導した故レズリー・グローブス将軍が、トルーマン政権幹部に原爆の「効果」を説明した写真パネル集が近く広島原爆資料館に寄贈される見通しになった。所蔵するワシントン市内のシンクタンク、スティムソン・センターが18日、寄贈する意向を明らかにした。パネル集は1945年7月に世界で初めて実施されたニューメキシコ州での核実験のほか、原爆投下前後の広島、長崎の航空写真から成る。米軍が原爆の破壊力をどのように受け止めていたかを示す貴重な資料となりそうだ。

 説明パネルは24枚あり、うち写真は21枚。いずれも米軍が撮影した航空写真。投下前の写真には、軍の基地や造船所など広島、長崎市内の標的が示され、投下後の写真は、標的が、どれぐらい破壊されたのかを「%」で表記している。パネルの大きさは、横が約1メートル、縦が約80センチ。政権幹部に説明する際は、油絵を描く際に使うイーゼルに写真を乗せたという。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです