メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

学校の「LINE」規制

イラスト・藤井龍二

いじめ、不登校の原因 一方で利点も多いため生徒に考えさせる例も

 高校生の約9割が持っているとされるスマートフォン。学校現場では、スマホを使ったいじめなどのトラブルが相次ぎ、「規制」や「ルール作り」の必要性が言われています。埼玉県では一昨年12月、教員に対して携帯電話のメールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って生徒と私的な連絡を取ることを禁じる通知を出しました。同様の通知は、秋田県や宮城県なども出しています。

 LINEは料金を気にせず使えると幅広い年代に人気ですが、それゆえにトラブルの舞台になっています。LINEの書き込みなどでいじめを受けていた熊本市の県立高1年の女子生徒(当時15歳)は2013年8月、自殺をしました。札幌市内の私立中学では昨年秋、1年生(当時)の男子生徒が複数のクラスメートからLINEを使った嫌がらせなどのいじめを受け、不登校になり、公立中学に転校しました。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです