メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

学校の「LINE」規制

イラスト・藤井龍二

いじめ、不登校の原因 一方で利点も多いため生徒に考えさせる例も

 高校生の約9割が持っているとされるスマートフォン。学校現場では、スマホを使ったいじめなどのトラブルが相次ぎ、「規制」や「ルール作り」の必要性が言われています。埼玉県では一昨年12月、教員に対して携帯電話のメールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って生徒と私的な連絡を取ることを禁じる通知を出しました。同様の通知は、秋田県や宮城県なども出しています。

 LINEは料金を気にせず使えると幅広い年代に人気ですが、それゆえにトラブルの舞台になっています。LINEの書き込みなどでいじめを受けていた熊本市の県立高1年の女子生徒(当時15歳)は2013年8月、自殺をしました。札幌市内の私立中学では昨年秋、1年生(当時)の男子生徒が複数のクラスメートからLINEを使った嫌がらせなどのいじめを受け、不登校になり、公立中学に転校しました。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです