メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「何度でも立ち上がる」 大熊のキャラ「おおちゃん小法師」に 町民の復興の決意体現 /福島

大熊町が販売している「おおちゃん小法師」。何度でも立ち上がる姿に町の今後を重ねた=会津若松市の大熊町会津若松出張所で

避難の高齢者ら制作 試験販売好評、商品化

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く大熊町が、町のキャラクターをあしらったマスコット「おおちゃん小法師(こぼし)」を販売している。何度でも立ち上がる小法師に復興を目指す町の姿を重ねており、売れ行きも好調だ。制作を担っているのは仮設住宅の高齢者らで、生きがいづくりにも役立っている。町の担当者は「復興の象徴として親しんでほしい」と話している。【岸慶太】

 小法師は、町のキャラクターで大熊特産のサケとナシを手にした黒いクマ「おおちゃん」が描かれており、愛…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです