熊本地震

菊池にボランティア拠点 岩手の団体が初 後方支援のノウハウ伝授 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本地震の被災者を支援しようと、岩手県遠野市のNPO法人「遠野まごころネット」(臼澤良一理事長)は菊池市にボランティアの活動拠点を開いた。ボランティアが激減する中、東日本大震災で培った後方支援のノウハウを伝える。熊本県社会福祉協議会によると、熊本地震で県外のボランティア団体が地元社協などと連携して拠点を設けるのは初めて。【中尾卓英】

 まごころネットは震災で、復旧作業や復興に向かう被災者に寄り添っている。熊本地震でも、直後にスタッフが現地入り。被災者が必要とする支援の把握が遅れていることに危機感を持ち、避難所などで活動を続けながら、菊池市の江頭実市長らと後方支援の拠点づくりについて話し合ってきた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文769文字)

あわせて読みたい

注目の特集