メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

外国首脳に慰霊の場を=西川恵

 <kin−gon>

 オバマ米大統領の広島訪問は原爆の犠牲者を悼み、核廃絶を誓う機会となるようだ。日米のメディアは政府スポークスマンに「謝罪するのか」との質問を繰り返し投げているが、日本の世論や広島・長崎の被爆者たちからは謝罪を求める声は聞こえてこない。世論の方が冷静で、未来志向だ。

 もっともいまは広島に焦点が集まっているが、外国首脳の慰霊という点で日本は不規則な状態にあることはいま一度押さえておくべきだろう。これまで広島・長崎を慰霊した外国首脳は多数おり、ついには原爆を投下した当の米大統領も広島を訪れるのだが、日本の全戦没者に対して外国の首脳の慰霊がいまだ行われていない現実がある。

 外国の首脳が、訪問した国の戦没者記念碑や無名戦士の墓など、その国のために命をささげた人々を祭った場…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです