メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耐震改修のポイント

 熊本地震では、建物の損壊や倒壊が相次いだ。自宅が十分な強さを持つのか、特に戸建て住まいの人は気になるところだ。耐震性を高めるためのポイントをみる。

 ●強化される基準

 住宅の耐震性は建築時期がひとつの目安になる。建築基準法の耐震基準は大地震のたびに強化されてきたからだ。

 最も重要なのは耐震設計を抜本的に見直した1981年改正で「新耐震基準」と呼ばれる。宮城県沖地震(78年)を受け、震度5強程度では軽度の損傷にとどまり、震度6強〜7程度でも倒壊しない性能を求めた。国土交通省によると、2013年時点の住宅5200万戸(集合住宅含む)のうち、新耐震基準に適合するのは82%。基準に満たない900万戸の4分の3は戸建てで、大半は木造だ。国は東京五輪の20年までに95%に高める目標を掲げる。

 ただし、木造住宅では、地盤調査や基礎強化などを盛り込んだ「2000年基準」も重要だ。死者の9割が建…

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです