特集

第76期本因坊戦

第76期本因坊決定戦七番勝負と本因坊文裕(もんゆう)=井山裕太九段=への挑戦者決定リーグ戦に関する特集ページです。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

囲碁

23、24日に本因坊戦七番勝負第2局 井山裕太本因坊×高尾紳路九段 注目の決戦、ゆかりの兵庫・尼崎で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

本興寺方丈で 大盤解説会も

 史上初の七冠を達成した井山裕太本因坊(26)に高尾紳路九段(39)が挑戦する第71期本因坊決定戦七番勝負第2局(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)が23、24日、尼崎市の本興寺で行われる。尼崎市の市制100周年を記念して開かれる本因坊戦。七冠達成後初の防衛戦となる井山本因坊には、5連覇と永世本因坊資格獲得もかかる。尼崎市にはかつて井山本因坊の師の師に当たる細川千仭(せんじん)(1899〜1974)が住み、開いた囲碁教室は今も活動。実力制になってから初の本因坊になった関山利一(1909〜1970)の出身地でもある。囲碁ゆかりの地、尼崎では多くの人が決戦を楽しみにしている。【伊地知克介】

 尼崎での戦いは23日朝から本興寺の「松の間」を舞台に始まり、2日間かけて勝負を争う。広島県尾道市での第1局では挑戦者の高尾九段が先勝。井山本因坊が七冠獲得の実力を発揮して巻き返すか、挑戦者がさらに力を見せて突き放すか、注目の一戦となる。

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2445文字)

【第76期本因坊戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集