メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢志摩サミット

会場周辺、21日から交通規制

伊勢志摩サミット期間中の主な交通規制区間

 26、27両日に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催されるのに伴い、会場となる三重県志摩市・賢島周辺で鉄道、バスなどの交通規制が21日から始まる。規制期間は28日午前7時までで、近鉄志摩線の鵜方−賢島駅間約3.2キロと、両駅を結ぶ三重交通の路線バスが運休する。25日からは三重、愛知両県の高速道路などでも規制が実施される。

 鵜方−賢島駅間の運休期間中は、外務省がシャトルバスを運行する。ただし、賢島の手前で保安検査を実施し、島内の住民、勤務者ら向けに外務省が発行した識別証を持つ人以外の立ち入りを禁止する。賢島のある英虞湾内では島に発着する定期船も運休する。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです