メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広域通信制高

「質」確保へ 文科省、ガイドライン策定

ウイッツ青山学園高校をめぐる関係図

 不適切な授業や国の就学支援金不正受給事件があったウィッツ青山学園高校(三重県伊賀市)の問題を受け、文部科学省は来月に専門家会議を設置し、広域通信制高校の質の確保に向けた対策の検討に乗り出す。全国の広域通信制高校102校を対象に書面調査も実施し、7月をめどに適切な指導体制などを定めた自治体や学校向けのガイドラインを作る。【佐々木洋】

 同高通信制の生徒は、全国46カ所(昨年12月時点)にある学習塾などが運営する提携の「サポート校」で…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです