南シナ海

中国、危険な飛行否定 米海軍機に異常接近

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・石原聖】米国防総省は18日、中国軍機2機が南シナ海で17日、米軍の偵察機に対し危険な飛行を行ったことを明らかにした。CNNテレビは、中国軍の戦闘機「殲11」が米海軍偵察機「EP3」に約15メートルまで異常接近したと報じた。一方、中国外務省の洪磊(こうらい)・副報道局長は19日の記者会見で「安全な距離を保ち、危険な操作はなかった」と否定した。

 洪副報道局長は米軍機が海南島付近の海域に近づいて偵察したため、中国軍機が追尾・監視したと主張。「米国側が今すべきことは、このような接近偵察活動を停止することだ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文449文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集