メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(6)イッセイミヤケの「BAO BAO」

意外と洋服に合わせやすく、ストリートで人気のイッセイミヤケの「BAO BAO」のバッグ=日本ファッション協会提供

 世界的に有名な日本ブランド、イッセイミヤケが2000年から販売しているバッグブランド「BAO BAO」。三角形のピースで構成される、スタイリッシュかつ近未来的なデザインに心奪われている人が多い。今やその人気は、購入の際に抽選が行われるほど。今回はそんなBAO BAOの魅力を紹介しよう。

 抽選は新作の発売に合わせて行われるが、当選したとしても購入には個数制限があり、売り切れ必至だ。幾何学的なデザインはコーディネートに取り入れにくいと思われそうだが、基本的に一色遣いのため、意外に合わせやすい。また、あらゆるジャンルのアーティストと共同で商品開発を行う「BAO BAO PARK EDITION」という企画は現在、第8弾まで商品化されている。15年7月にはグラフィックデザイナー、古平正義さんとの2回目のコラボレーションを果たした。三角ピースに4文字のさまざまな単語がちりばめられた「FOUR」は記憶に新しい。常にニューフェースを世に出し、消費者にマンネリ化する暇を与えないことも、人気が継続する秘密かもしれない。

 カラーやグラフィックのみならず、ショルダーやバックパックなど、形のバリエーションも豊富だ。中でもス…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1555文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです