熊本地震

スプリンクラーの配管破損 4図書館9300冊水浸し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
再開へ向けての作業が続く市立ヴィーブル図書館=熊本県合志市で、矢頭智剛撮影
再開へ向けての作業が続く市立ヴィーブル図書館=熊本県合志市で、矢頭智剛撮影

 熊本地震で被災した図書館で、スプリンクラーなどの配管が破損して水漏れが起き、書籍などがぬれる水損被害が相次いだ。少なくとも熊本県内の公立や大学の4館で計約9300冊が被害に遭い、修復が困難として約8割が廃棄された。一般書や児童書が大半で、希少資料に被害はなかったが、各図書館の関係者は「多くの人が手にしてきた本を捨てるのはつらい」と苦渋の表情を浮かべている。【宮崎稔樹、田辺佑介】

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文939文字)

あわせて読みたい

注目の特集