メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢志摩サミット2016

規制開始 厳戒賢島、休業次々 水族館「PRにはなる」

賢島へつながる橋の柵を閉め、警戒する警察官。奥はサミット会場の志摩観光ホテル=三重県志摩市の賢島大橋で21日午前6時12分

 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の主会場となる三重県志摩市・賢島は21日、島への道路が封鎖され、鉄道も止まった。関係者以外の立ち入りが制限されるなか、サミット閉幕までの島周辺のレジャー施設や飲食店の対応は分かれた。【道永竜命、谷口拓未】

 島内の水族館「志摩マリンランド」は28日まで閉館する。450種7000匹以上を飼育しており、毎日餌を与えなくてはならない。閉館中も10人の飼育員が餌やりのローテーションを組む。飼育員はバスを乗り継ぎ、保安検査場でボディーチェックを経ての出勤となるため、通勤時間が読めず、通常より1時間ほど早めに自宅を出る。

 20年以上ペンギンの飼育に携わるチーフの神村健一郎さん(46)は「サミットは生涯で経験できない出来…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文869文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです