メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力再発見

水戸市上水戸 茨城スタミナラーメン「松五郎」 一度食べるとクセに /茨城

スタミナ冷やしを手にする店主の池田睦さん

 水戸藩二代藩主・徳川光圀が日本で初めて食べたとされ、県内でも根強い人気を誇るラーメン。中でも異彩を放つのが、県観光物産協会も「ご当地ラーメン」として推すスタミナラーメンだ。太麺の上にぶつ切りのレバーやカボチャ、ニンジンなどがふんだんに入った甘辛あん。歯ごたえ抜群で、一度食べるとクセになる。

 スタミナラーメンは1970年ごろ、勝田市(現ひたちなか市)のJR勝田駅近くのラーメン店で発祥。当時、レバーは捨てられる部位で、農業が盛んな茨城では野菜も安く手に入ったため、「学生に安くて栄養のあるものを食べてもらいたい」と考案された。

 店主はその後、水戸市で「松五郎」を開店。現店主の池田睦さん(48)が97年に後を継いだ。はじめは「…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです