メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

蔡総統就任 中国、改めて警戒感

 【北京・石原聖】中国共産党中央台湾工作弁公室は20日、国務院台湾事務弁公室と連名で談話を発表し、蔡英文・台湾総統の就任演説について「完全な答案ではない」と批判。「台湾当局は実際の行動で明確に回答しなければならない」と「92年合意」と「一つの中国」原則を認めるよう求めた。

 中国当局は蔡氏を「隠れ独立派」とみなしており、談話でも蔡氏の独立志向に言及するなど根深い警戒感を…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです