プーチン大統領

北方領土「一つとして売らない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ真野森作】ロシアのプーチン大統領は20日、北方領土問題に関連して「一つとして(島は日本に)売らない」と述べた。また、領土問題と経済などの問題は「関連づけることはしない」とも発言した。日本側が進めようとしている日露の経済関係強化策と領土交渉の連携を切り離す考えを明確にした形だ。露南部ソチでの記者会見で語った。

 プーチン氏は会見で、「日本との対話には平和条約締結問題が含まれ、その中で領土問題も議論する」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文588文字)

あわせて読みたい

注目の特集