メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領広島へ

ビキニ訴訟原告がオバマ氏に再調査要望書

 1954年に米国が太平洋ビキニ環礁で実施した水爆実験を巡り、国家賠償請求訴訟を起こした原告らが21日、広島を27日に訪問するオバマ米大統領宛てに再調査を求める要望書を送った。

 要望書は、ビキニ事件など米国による水爆実験の被害の再検証や被ばく者への補償制度の確立、核削減に向けた具体策の提示などを求め…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです