台湾新総統就任

中国、改めて警戒感 蔡氏就任演説を批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・石原聖】中国共産党中央台湾工作弁公室は20日、国務院台湾事務弁公室と連名で談話を発表し、蔡英文・台湾総統の就任演説について「完全な答案ではない」と批判。「台湾当局は実際の行動で明確に回答しなければならない」と「92年合意」と「一つの中国」原則を認めるよう求めた。

 中国当局は蔡氏を「隠れ独立派」とみなしており、談話でも蔡氏の独立志向に言及するなど根深い警戒感をにじませた。

 談話は「台湾当局の新指導者は演説の中で、92年に両岸(中台)が会談して若干の共通の認知に達した、と指摘している」と蔡総統が演説で中国側に歩み寄った表現に注目。その上で「両岸同胞が最も関心を寄せる両岸の性質の根本問題であいまいな態度を取り、92年合意とその本質的な意味を明確に認めなかった」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文481文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集