メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

生徒へのいじめ、報告書に

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは、性同一性障害者や同性愛者といった性的少数者(LGBTなど)の児童・生徒へのいじめに関する調査報告書「出る杭(くい)は打たれる」をまとめた。

 調査は昨年8〜12月、インターネットによるアンケートと聞き取りを行った。アンケートに回答した25歳未満のLGBT当事者458人のうち、「学校で先生や生徒がLGBTに対する暴言や否定的な言葉、冗談を言っているのを聞いた」と答えたのは86%、「先生が言っているのを聞いた」と答えたのは29%だった。

 聞き取りは14都道府県でLGBTの生徒や元生徒、教職員ら100人以上に実施した。報告書では、高校生の時にゲイだとカミングアウトしたが、体育教師から「お前の隣にいるだけで俺までホモだと思われる」と言われ、同級生にツイッターで実名や画像を投稿して中傷されたという男性の話や、高校の保健室の教師に「自分を責めないで。あなたは一人じゃない」と言われて救われたというトランスジェンダー当事者の話などを紹介。今…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです