メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『エセー 7 全七分冊完結』=ミシェル・ド・モンテーニュ著

 (白水社・2592円)

ずっしりと胸に響く最晩年の想念

 日本人には「心に映り行くよしなしごと」をつづる『徒然草』の伝統があり、そのせいか、出家した吉田兼好とともに、世俗的なモンテーニュに思い当たる。

 フランス語原著では全三巻、この邦訳版では全七分冊になる古典の最終分冊が完結した。ギリシャ・ローマの古典を自家薬籠(やくろう)中のものにして自己流の独特な文章を読むのはそうとう難行らしい。だが、訳者には「とにかく日本語で気軽に読んでほしい」という願いがあり、それが成功しているのだから偉業である。

 十六世紀後半、四〇歳にもならないころから、モンテーニュ村の屋敷に隠遁(いんとん)して、領地を管理し…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1482文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです