性同一性障害

関連法第一人者、大島元教授しのぶ会開催へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
在りし日の大島俊之さん=2008年撮影
在りし日の大島俊之さん=2008年撮影

 性同一性障害(GID)に関する法律研究の第一人者で、今年2月に68歳で亡くなった元神戸学院大教授、大島俊之さんをしのぶ会が28日午後2時、大阪市北区梅田2の梅田ガクトホールで開かれる。戸籍の性別変更の手続きを定めたGID特例法(2004年施行)の理論的支柱だった。【高瀬浩平】

特例法の理論的支柱

 大島さんの専攻は民法。医師が多数を占めるGID学会では法律家として唯一、理事長を務めた。メディアや講演を通じ、広く社会に法の不備を訴えた。

 2月19日に肝硬変で亡くなった。大阪医科大准教授の康純さん(神経精神医学)や、当事者で高校教員の土肥いつきさんらが「大島さんがいなかったら特例法はなかった」と、しのぶ会を企画した。会場に遺影を掲げ、土肥さんが弔辞を読む。参加者にはノートに思いをつづってもらい、家族に手渡す。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1007文字)

あわせて読みたい

ニュース特集