メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

はさみふりふり…シオマネキ、干潟で求愛

巣穴から顔をのぞかせたシオマネキのオス=宮崎県延岡市の熊野江川河口で2016年5月20日午後3時9分、荒木勲撮影

 環境省のレッドリストに掲載されている絶滅危惧種2類指定のカニ、シオマネキのオスが、宮崎県延岡市北部の熊野江川河口で、干潮時に片方だけ大きいはさみを上下する求愛活動(ウエービング)をする姿が見られる。警戒心が強く、近づくと素早く巣穴に逃げ込む。

 甲羅は幅35ミリで、県内の干潟で普通に見られるハクセン…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです