メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

はさみふりふり…シオマネキ、干潟で求愛

巣穴から顔をのぞかせたシオマネキのオス=宮崎県延岡市の熊野江川河口で2016年5月20日午後3時9分、荒木勲撮影

 環境省のレッドリストに掲載されている絶滅危惧種2類指定のカニ、シオマネキのオスが、宮崎県延岡市北部の熊野江川河口で、干潮時に片方だけ大きいはさみを上下する求愛活動(ウエービング)をする姿が見られる。警戒心が強く、近づくと素早く巣穴に逃げ込む。

 甲羅は幅35ミリで、県内の干潟で普通に見られるハクセン…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <9>その行動とバンクシーに共通するもの

  2. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです