メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭

深田監督「淵に立つ」ある視点部門で受賞

「ある視点」部門の授賞式直後、壇上で握手を交わす深田晃司監督(左)とマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督=南仏カンヌのドビュッシー劇場で2016年5月21日夜、木村光則撮影

 【南仏カンヌ木村光則】世界3大映画祭の一つ「第69回カンヌ国際映画祭」の「ある視点」部門の授賞式が21日夜(日本時間22日未明)、開かれ、日本の深田晃司監督(36)の「淵に立つ」が最高賞に次ぐ「審査員賞」を受賞した。また、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督(62)によるスタジオジブリの長編アニメーション「レッドタートル ある島の物語」が「特別賞」を受賞した。独自の視点や切り口を持った先鋭的な映画を集める同部門で、日本が関係する作品がダブル受賞の快挙を成し遂げた。

 同部門では、黒沢清監督が2008年に「トウキョウソナタ」で審査員賞を、15年に「岸辺の旅」で監督賞…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです