沖縄米軍属逮捕

大統領との面会要求…翁長知事、首相に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会談に臨む(左から)翁長雄志・沖縄県知事、安倍晋三首相、菅義偉官房長官=官邸で2016年5月23日午前10時42分、内藤絵美撮影
会談に臨む(左から)翁長雄志・沖縄県知事、安倍晋三首相、菅義偉官房長官=官邸で2016年5月23日午前10時42分、内藤絵美撮影

 安倍晋三首相は23日午前、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事と首相官邸で会談した。同県うるま市の女性会社員の遺体を遺棄したとして米軍属の男が逮捕された事件を巡り、翁長氏は「米軍基地があるが故の犯罪。大きな怒りと悲しみを禁じ得ない」と抗議。これに対し首相は、綱紀粛正と再発防止を米側に強く求めたことを説明し、オバマ米大統領にも直接、厳正な対処を求める意向を示した。【高本耕太】

 会談冒頭では両者とも硬い表情を見せ、報道陣の写真撮影に応じている間は言葉を交わさなかった。会談は10分余り行われ、菅義偉官房長官も同席した。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1119文字)

あわせて読みたい

ニュース特集