オーストリア大統領選

極右と左派が大接戦…不在者票焦点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ウィーン三木幸治】中東などからの難民・移民問題が争点となったオーストリア大統領選の決選投票が22日、投開票された。極右・自由党候補と左派・緑の党出身の候補の得票率にほとんど差がなく、当落が決まらない異例の大接戦となった。23日午後に不在者投票が集計され、結果が確定する。

 決選投票は、難民らの流入を拒絶する極右・自由党のホーファー国民議会議員(45)と難民保護を訴える左派…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集