電王戦

将棋ソフトが連勝 118手で山崎八段降す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の棋士と人工知能(AI)を使った将棋ソフトが戦う第1期電王戦二番勝負第2局が21、22日、大津市の延暦寺で行われ、PONANZA(ポナンザ=山本一成さん、下山晃さん開発)が山崎隆之八段に118手で勝って2連勝を飾り、勝利した。

 昨年までは5対5の対抗戦で行われた電王戦は、今回は叡王戦で優勝した山崎八段と、電王トーナメントで優勝したポナンザが持ち時間各8時間の2日制の対局で戦った。昨年は棋士が3勝2敗で初めて勝…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

注目の特集