メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電王戦

将棋ソフトが連勝 118手で山崎八段降す

 将棋の棋士と人工知能(AI)を使った将棋ソフトが戦う第1期電王戦二番勝負第2局が21、22日、大津市の延暦寺で行われ、PONANZA(ポナンザ=山本一成さん、下山晃さん開発)が山崎隆之八段に118手で勝って2連勝を飾り、勝利した。

 昨年までは5対5の対抗戦で行われた電王戦は、今回は叡王戦で優勝した山崎八段と、電王トーナメントで優勝したポナンザが持ち時間各8時間の2日制の対局で戦った。昨年は棋士が3勝2敗で初めて勝…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです