メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際サーフィン大会

一宮で開幕 /千葉

一宮町の釣ケ崎海岸で開幕した国際サーフィン大会

 一宮町の釣ケ崎海岸で23日、国際サーフィン大会「QS6000 ICHINOMIYA CHIBA OPEN」が開幕した。同大会の国内開催は8年ぶり。世界24カ国からプロサーファー約200人が参加し、29日まで熱戦を繰り広げる。世界で活躍する地元出身の大原洋人(19)、稲葉玲王(19)両選手も出場する…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです