メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「栄光の黒豹」来月11日上映 森田健作、目黒祐樹主演 半世紀前に長岡で撮影 /新潟

市立東中旧校舎、中越高グラウンド、長岡観光会館…

 半世紀前の長岡で撮影された映画「栄光の黒豹(くろひょう)」が6月11日、長岡市立劇場(同市幸町2)で上映される。今では取り壊されてなくなった施設や様変わりした街の風景など、懐かしい長岡が全編で楽しめるという。

 栄光の黒豹は、松竹が1969年に製作した大学サッカー部を舞台にした青春映画。「MMコンビ」として人気だった森田健作と目黒祐樹が主演し、生田悦子や笠智衆らが脇を固めた。68年メキシコ五輪でサッカー男子日本代表が銅メダルを獲得し、盛り上がる余韻の中で企画された。

 当時のポスターでは「北国の街、新潟県長岡に大ロケーション!」と銘打ち、まだ珍しかった地方ロケをアピ…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです