メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今泉版画工房

存続へ 作家ら資金集めに奮闘 「技術と知識伝える場に」 /大阪

大型の機器が並び、インクが香る「今泉版画工房」。存続に向けて相談する(左から)桐山精二さん、望月佐知子さん、西山悠子さん=大阪市中央区で、中本泰代撮影

 閉鎖の危機にある大阪市中央区の「今泉版画工房」を存続させようと、工房で育った作家たちが動き出した。インターネットを通じて資金を募り、工房の移転と活用を目指す。「技術と知識、そしてものづくりの楽しさを伝える場に」と意気込んでいる。【中本泰代】

 版画を刷る職人「刷り師」として約40年、井田照一さんや元永定正さん(共に故人)ら著名な美術家を支えてきた今泉浄治さん(62)が2008年、工房を開いた。

 銅版画▽シルクスクリーン版画▽ジクレー版画(高画質のデジタル印刷)用の高価な機器があり、自前の設備…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  2. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです