メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
駄菓子屋「ちゃいるどはうす」

人気 開店16年 「家庭的な雰囲気」親しまれ /奈良

駄菓子屋「ちゃいるどはうす」を切り盛りする五百崎貞子さん(右)と次女藪下薫さん(左)、孫の葵さ=奈良県三郷町で、熊谷仁志撮影

 三郷町立野北1の静かな住宅地の一角に、駄菓子屋「ちゃいるどはうす」がある。子供にあめなど菓子類を10円から売る小さな商店だ。少子化やコンビニ店の隆盛で、かつてはどこにでもあった「まちの駄菓子屋」が都市部でも次々と姿を消す中、開店から16年、地元の子供たちに親しまれてきた。近隣の王寺、平群両町から自転車で来る子供や車で遠くから来店する客もあり、店内は笑顔であふれる。【熊谷仁志】

 駄菓子屋を切り盛りするのは五百崎(いおざき)貞子さん(70)で、店内で餅を売る次女の藪下薫さん(4…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文922文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです