メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タックスヘイブンの闇

/中 米国に二重基準 州法でペーパー会社乱立

31万社ものペーパー会社が「入居」する建物=米東部デラウェア州ウィルミントンで2016年4月、清水憲司撮影

 31万社もの「会社」がひしめくビルが、米東部デラウェア州北部の静かな街の一角にある。グーグルやコカ・コーラなど大企業が登記上の本社を置く「ウィルミントン市北オレンジ通り1209番地」。州法で低税率と秘密保持が約束された米国の租税回避地(タックスヘイブン)だ。

 この番地には、次期米大統領の座を争う民主党のヒラリー・クリントン前国務長官、共和党の実業家ドナルド・トランプ氏も法人を保有する。クリントン氏は2法人で著作の印税を受け取る。トランプ氏は同地を含め州内に378社を保有する。

 1209番地を4月下旬に訪ねると、法人設立の登録代理店CT社が入居していた。出てきた男性は「知りた…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1233文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです