メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 チャリティーコンサート 生きる2016「森山良子 with FRIENDS」

子どもたちもステージに並んだ昨年のフィナーレ=喜屋武真之介撮影

〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに

 1996年に始まった毎日新聞社の小児がん征圧キャンペーン「生きる」は、今年で20周年を迎える。病気と闘う子どもたちを励まし、支える家族や関係者にも元気になってもらおうと、多くの著名人が協力している中で、歌手の森山良子さんが趣旨に賛同する仲間と共に楽しく温かいステージに案内するコンサートが「生きる2016〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに〜森山良子 with FRIENDS」だ。今年は7月6日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催。ゲストは、音楽家の谷村新司さん、ヒップホップ・アクティビストのZeebraさん、ボーカリスト兼フリューゲルホルン奏者のTOKUさん、ビッグバンドのエリック・ミヤシロEM.Band。他では絶対に見ることのできない、森山さんとゲスト出演者との豪華共演が注目されるこのコンサート。出演する森山さん、谷村さん、TOKUさんに話を聞いた。【聞き手・川崎浩、写真・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り3080文字(全文3513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです