東日本大震災

福島第1原発事故 飛散微粒子3種類

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムを含む微粒子が3種類あることを、阿部善也・東京理科大講師(分析化学)らの研究グループが突き止め、23日に千葉市であった日本地球惑星科学連合大会で発表した。形状や化学組成が異なっており、事故のメカニズムを知る手がかりになる可能性がある。

 微粒子は、(1)直径数マイクロメートルの球形(2)直径数百マイクロメートルで不定形(3)直径数…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集