メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

開き直って「秋まで続ける」 「負け組予備軍」からの逆転策

 6月選考解禁を前に就活の動きが慌ただしくなってきました。この選考解禁直前に学生を観察していると、内定を得てすでに就活を終了した学生から、ゴールデンウイーク明けから動き出した、という学生までバラバラです。これから選考に参加する学生でも、うまくいきそうな学生と、そうではない学生とに分かれます。

あやふやな志望動機

 今回のテーマは後者、すなわち、「就活負け組予備軍」がテーマです。特徴は3点あります。1点目は、あやふやな自己PR・志望動機で突破できると信じていることです。

この記事は有料記事です。

残り1738文字(全文1972文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです