メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北限のサル

出産期、ママの胸ですくすく 青森・下北半島

 国の天然記念物に指定され、「北限のサル」として知られる青森県・下北半島のニホンザルが出産期を迎えた。赤ちゃんは4月中旬に確認されたといい、母親に甘えながら元気に育っている。

 同県むつ市脇野沢で草をかき分けて山に入ると、約50頭のサルの群れの中に8頭の赤ちゃんが確認できた。群れは樹木の種子や野草の茎…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 緊急現地報告「割れる米国」 「4年前、トランプに投票して後悔」 共和党優勢の田舎町で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです