メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペンギン

人工授精に成功 国内初 山口の水族館

人工授精で4月10日に誕生したオスのヒナ=山口県下関市の海響館で、2016年5月24日午前10時54分、上村里花撮影

 山口県下関市の水族館「海響館」は24日、国内で初めてペンギンの人工授精に成功したと発表した。海響館などによると世界でもまだ2施設目で、今回は凍結精子を用いた珍しいケースという。海響館は「半永久的に保存可能な凍結精子での成功は、種の保全に向けて貢献できる有効な技術となる」としている。

 海響館によると、飼育しているフンボルトペンギン「ゲンキ」の凍結精子により、雌の「ハッピー」への人工授精に成功し、4月7、10日に各1羽がふ化した。人工授精は米国のシーワールドでマゼラ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです