メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん細胞

免疫細胞の攻撃回避の仕組み解明

 がん細胞が免疫細胞の攻撃から逃れる仕組みの一端を、京都大大学院医学研究科の小川誠司教授(分子腫瘍学)らの研究チームが新たに解明した。新タイプの抗がん剤として注目される「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の効果がある患者を見分ける研究につながると期待される。23日に英科学誌「ネイチャー」電子版に掲載された。

 体内には異物や外敵と闘う免疫細胞があるが、がん細胞は攻撃から逃れるため「PD−L1」というたんぱく質を作り、免疫細胞の「ブレーキ」を働かせる。オプジーボは「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれ、ブレーキがかかった免疫細胞に攻撃を再開させる作用がある。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 東京都で新たに203人感染 7日ぶりに200人超え 新型コロナ

  5. 東京・足立区、4日で生活保護打ち切り 「連絡取れず」支援団体は批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです