メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

加納陸と高山勝成が王座決定戦 8月20日に

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級1位の加納陸(18)=大成=と、国際ボクシング連盟(IBF)同級前王者でWBO同級2位の高山勝成(33)=仲里=が8月20日、兵庫県三田市の駒ケ谷運動公園体育館でWBO同級王座決定戦を行うことが23日、大成ジムから発表された。世界初挑戦の加納が勝てば、井岡弘樹の持つ18歳9カ月10日の国内最年少世界王座獲得記録を6日更新する。

 世界4団体制覇の高山は16試合目の世界戦で、具志堅用高と長谷川穂積の15試合を上回って日本男子選手の世界戦出場数単独最多。今回勝てば自身の持つ国内の世界王座最多獲得記録を6に伸ばす。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです