みやこシネマリーン

沿岸唯一の映画館 震災で客足減り閉鎖へ 定期上映を模索 宮古 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今秋にも閉館する見通しとなった「みやこシネマリーン」。19年守り続けてきた「常設映画館の灯」が消えることになりそうだ=宮古市小山田で
今秋にも閉館する見通しとなった「みやこシネマリーン」。19年守り続けてきた「常設映画館の灯」が消えることになりそうだ=宮古市小山田で

 宮古市の「みやこ映画生活協同組合」(尾山健二理事長)は運営する沿岸地域で唯一の映画館「みやこシネマリーン」(同市)を、今秋にも閉館する方針を固めた。東日本大震災を境に客数が減り、累積赤字額は約4000万円に膨らんで経営が困難になった。今後は常設館としてではなく、公共施設で期間を決めて定期上映をする方向で検討している。【鬼山親芳】

 同生協は6月12日、組合員総代会を開いて閉館を提案するという。承認されれば1997年4月の開館以来、19年守り続けてきた「常設映画館の灯」が消えることになる。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文927文字)

あわせて読みたい

注目の特集