メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチゴの「かけジャム」

「世界初」!?蜂蜜と合わせ 越谷のレストラン開発 国の地場産品ブランドに認定 /埼玉

イチゴの「かけジャム」を市職員とともにPRする鈴木シェフ(右)=越谷市役所で

 「地場野菜のイタリアン」が自慢の越谷市内のレストランが、同市産のイチゴと蜂蜜を使った「かけジャム」を開発、国の地場産品ブランドに認定された。ドレッシングのように「かけられる」のが特徴で、スイーツやカレーなど料理の隠し味にも使える。同店や市は「新しい名産品に」と意気込んでいる。

 この店は、「カポナータ」(同市東越谷6)。鈴木実オーナーシェフ(51)は東京のホテルで料理修業後、2000年に住まいのある同市で店を開いた。「おいしい野菜を提供したい」と地元産にこだわり、市内の農家30軒と契約。新しい食べ方も提案してきた。

 同市は首都圏のベッドタウンだが、野菜の一大産地でもある。イチゴ農園も12カ所あり、市は昨年1月、イチゴ狩りのできる温室8棟を備えた「越谷いちごタウン」をオープンさせ、「観光名所に」と力を入れる。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです