メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拝啓オバマ様

fromヒロシマ 安佐南区・李鐘根さん(87) /広島

「広島への原爆投下は、韓国そのものも核の惨禍を経験したかのような感覚」と語る李鐘根さん=広島市中区で、石川将来撮影

「韓国人慰霊碑」に献花を

 「私は韓国人ですから。自分の立場から伝えられることがあるかもしれない」。広島で被爆した在日韓国人2世の李鐘根(ジョングン)さん(87)=安佐南区=はそう言って、オバマ大統領への手紙を書いてくれた。

 71年前。原爆の熱線をまともに浴び、やけどした部分からうじがわいて約1カ月間、生死の境をさまよった。見かねた母に「もう生きてても仕方がない。早う死ね」と言われ、一緒に泣いたという。奇跡的に一命を取り留めたが、広島陸軍被服支廠(ししょう)に勤めた2歳上の姉は、遺体すら見つかっていない。

 「被爆したなんて恥だった」。妻と3人の娘にも、被爆者だと長年明かさなかった。考えが変わったのは、2…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです