メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016参院選おおいた

与野党、運動活発化 公示まで約1カ月 一騎打ちへ前哨戦 /大分

 6月22日公示、7月10日投開票で調整が進んでいる夏の参院選。大分選挙区(改選数1)には、自民新人の古庄玄知(こしょうはるとも)氏(58)▽民進現職の足立信也氏(58)▽幸福新人の上田敦子氏(49)−−が立候補を表明した。議席奪還を狙う自民に対し、民進、共産、社民の野党3党は足立氏に候補を一本化。事実上、与野党による一騎打ちとなる見通しだ。近づく本番に各陣営とも運動を活発化させ、前哨戦にしのぎを削る。【西嶋正法、池内敬芳】

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文908文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです