メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 世論調査平均支持率 トランプ氏が初リード クリントン氏に小差

 【ニューヨーク國枝すみれ、ロサンゼルス長野宏美】米大統領選に向け共和党の指名獲得を固めている実業家ドナルド・トランプ氏(69)が世論調査の平均支持率で民主党の有力候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)を初めて上回った。トランプ氏が支持基盤を固め、クリントン氏と激しく競り合っている。

 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた13〜19日の全米調査の平均値では、トランプ氏とクリントン氏の対決を想定した場合、トランプ氏支持が43・4%とクリントン氏の43・2%を0・2ポイント上回った。22日発表のABCテレビとワシントン・ポスト紙の合同調査では、トランプ氏支持は46%でクリントン氏の44%を2ポイント上回った。3月上旬はトランプ氏41%、クリントン氏50%だった。

 また23日発表のNBCテレビとウォール・ストリート・ジャーナル紙の世論調査によると、クリントン氏の…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです